TakiRoboF1

ー初めての相棒ー

 TakiRobo F1は、ロボットを学びたい小中高生に向けて開発された多機能な教育用ロボットです。岩手県滝沢市から生まれたF1は、将来エンジニアを目指す子供たちへ、科学、数学、物理学、プログラミングへの深い理解を導き出します。
 このロボットは赤外線発光ボールと赤外線受光センサを使用したフットボールロボットを中心に、テレビリモコンを使用した操縦ロボットなどユーザの使い方によって他種多様なロボットに変化します。
 子供時代という多感な時期に、他では体験できない貴重な体験を提供します。

導入実績:NPO法人IRCプロジェクト

特徴 -Feature-

移動方向は無制限

3つのモータとオムニホイールが最短で目的地へと導きます。自社製の軽量ハイグリップなオムニホイールは軽快な動きを実現します。

プログラミング

Arduino IDE で誰でも簡単にプログラミングが可能です。
専用OSSライブラリも用意済みです。

豊富なセンサ

赤外線センサ、超音波距離センサ、地面輝度センサ、コンパスセンサが付属しています。
これらのセンサはあなたのプログラミング能力を向上させることに役立ちます。

1から組み立て可能

半田付けからロボットの組み立てをあなた自身が行うことでロボットの仕組みを学ぶことが可能。組み立てに不安がある方は組み立て済みキットも購入可能です。